薬剤師にとって働きやすい薬局を選ぶポイントを整理してみました。

奥さま
薬剤師さんって、辞めていく人が多いよねー。
くすりマン
うん、薬剤師の業界は売り手市場の状態が長く続いているし、転職が多い業界だよね。
奥さま
薬剤師さんの仕事ってはっきりしてるから、それでも辞めちゃうってことは、やっぱり働きにくかったり職場や会社に不満があるってことなんだろうなー。
くすりマン
そうだよね・・・じゃあ、今回は薬剤師にとって働きやすい薬局っていうのがどんな薬局なのか考えてみるね!

薬剤師のお仕事は、医療職であり大きなやりがいがあります。
とはいえ、やはり給与や待遇などを含めた働きやすさというものがないと、長く同じところで勤めるのは難しいと思います。

この記事では、実際に働いている自分自身の経験や同僚・友人の声などを反映し、働きやすい薬局を選ぶためのポイントをご紹介します。

勤務のしやすさ

有休取得率を確認する

休み

薬局に限らずですが、特に確認したいポイントだと思います。
自分自身が働いていも感じますし、周りの声としても大きいのが、やっぱりお休みのことなんです

薬局は医療機関ですが、その業態は店舗です。
ラーメン屋さんやファミレスなどと同じで、お客さん(患者さん)がいつ、どれぐらい来るかはわからないですが、ある程度の数のスタッフが勤務しておく必要があります。

くすりマン
営業職のMRさんとかみたいにスケジュール管理を上手にやったとしても、簡単には休めないことも多いかな。

薬局の業界は人手不足です。
休暇の申請をしても管理職の人になかなかOKをもらえなかったり、嫌な顔をされてしまったりするケースも少なくありません。

逆に、人手に余裕があり、有休を気持ちよく了承してもらえる薬局もあります。
企業によっては、薬剤師の有休取得率アップのために努力しているところもあり、やはり大手の薬局チェーンは人材を上手く確保して社員の休暇に配慮しているように思います。

実際の職場選びでは、近場で通勤時間の短い薬局を考えている場合、中小規模の薬局個人経営の薬局も候補になると思いますので、リクルート会社の担当者の方や薬局の人事担当者に遠慮せずに確認しておくことが必要だと思います。

奥さま
ママさん薬剤師の場合は、お子さんの急な発熱や体調不良の時にスムーズに対応してもらえるかどうかを聞いておくのが必要だね!

夜診帯の勤務を確認する

夜

これは地域によっても違うんですが、関西圏のように医院の営業時間が午前(9〜12時)・午後(16〜19時)のようになっているケースが多い地域では、それに対応して薬局も夜まで営業しています。

かつては、13〜16時あたりの時間に一旦クローズする形(中抜け)の営業スタイルを取って二交代制にしている薬局もありました。

現在は調剤報酬における地域支援体制加算を算定するため、中抜けを取らずに連続して営業する薬局がほとんどで、1日の勤務時間は長めになります。

また、夜診帯に勤務すると、医院が延長したり薬歴がたくさん残っている場合、19時までの営業時間となっていても帰る時間が20時や21時を過ぎることがあります。

くすりマン
特に整形外科インフルエンザ流行期の小児科などは、診察が延長することが多いと思います。

薬局を選ぶ際には、夜診帯の勤務回数が週にどれくらいあるかを確認しておくことがポイントといえます。

補足情報
ちなみに、総合病院前の薬局の場合は、病院が夜の診察を行なっていないため夜診がありません。ただし、救急外来に対応している薬局では一般的な夜診とは異なり、さらに長時間(長ければ24時間)の場合もあるため詳しく勤務体系について確認が必要です。

社員の平均残業時間を確認する

残業

説明するまでもありませんが、残業時間がどれくらいかは気になるところですよね。
なんとなく聞き辛いとかあるかもしれませんが、ちゃんと聞いちゃいましょう。

くすりマン
標準がどれくらいかは難しいと思いますが、10〜20時間に収まっていれば妥当なラインだと思います

残業時間が50時間とか60時間とかになってくる場合、残務処理だけでは生じない時間数なので、おそらく休日(公休日)の出勤が多いと思われます。
週2日の休日を得られているかを判断することにもなりますので、ポイントだと思います。

細かい話を出しますと、急な呼び出し対応時の時間外手当や夜間用携帯の対応手当などについても薬局によって全然違いますので確認できる内容だと思います。

勤務地を選択できる

勤務地

中規模から大手の薬局チェーンになってくると、多くの店舗が複数の地域にまたがって出店されるため、正社員の場合は異動が生じることがあります。

最近では、勤務地を限定できる制度を用意している企業が増えていますので、ご家庭の事情やご自身の都合で異動を避けたい方は、勤務地を限定できる薬局を選ぶのがいいと思います。
ただし、勤務地限定にする場合は基本給が低く設定されると思いますので、慎重に確認してください。

逆に、異動の希望が出しやすいかどうかも個人的には重要なポイントだと思います。
というのも、薬局というのは小さな環境です。限られた人で毎日仕事をしていきます。今まで退職された方や友人などを見ていると、この小さな世界で人間関係につまづいたという話がかなり多いです。

くすりマン
こんな時、近くの別の店舗に異動することができれば辞めなくて済むケースも多々あるんです。
ですので、そういった希望を聞き入れてもらえるのか、対応が可能なのかをあらかじめ知っておくと安心して働けます。

キャリア面

研修制度が充実している

研修

新入社員や未経験の薬剤師が中途入社する場合では、その薬局で研修制度が充実しているかどうかは大切です。

薬剤師は生涯勉強と言われて育つため、自分自身で学会や研修会等に参加する姿勢は大事ですが、とはいってもスタートアップは会社にフォローしてもらいたいですよね。

よく行われている代表的な研修としては、次のようなものがあります。

  • 新入社員研修
  • OJT研修(On the Job Training)
  • 薬剤師研修
  • フォローアップ研修
  • コミュニケーション研修
  • 管理薬剤師研修
  • 在宅研修
  • 社内テスト

こういった研修が準備されていると、比較的経験が浅い場合でも安心して新しい職場で働くことができます

実際には、各薬局で特徴的な研修が実施されていますし、それぞれの人材育成の方針がありますので、まずはホームページから確認してみるのもいいと思います。

参考のために業界の大手3社のリンクを載せておきます。

  1. 日本調剤
  2. クオール薬局
  3. アイングループ
くすりマン
大手さん以外でも特徴的な研修は各社用意されていますので、自分が成りたい薬剤師像に近づける薬局を選べるといいと思います。

様々な処方箋を受け付けている

処方箋

先ほど研修について紹介しましたが、薬剤師の場合、やはり患者さんに向き合うこと、処方と向き合うことが何よりも研鑽になります。

多くの病院・診療科の処方箋を受け付けている薬局で働くと非常に勉強になります。

総合病院型

1店舗で多くの処方箋を受け付ける代表例が、総合病院前の薬局です。

シンプルな処方から複雑な処方まで幅広くきますので、勤務開始時の勉強量は多くなりますが、継続して働くことができると非常にスキルアップできる可能性が高いです。

たくさんの処方箋枚数を受け付けるためスタッフ数は多く、薬剤師が身につけるべきスタッフ間のコミュニュケーション力を高めることもできます。

医院・クリニック型

一方で、医院・クリニックを主に受けている薬局の場合は、幅広さは減るものの専門性が高くなります。

例えば、神経内科や皮膚科などを受けている場合、特化した処方や患者さんに対して毎日向き合うため、必然的に経験も知識も特化していきます。

このタイプで成長していくひとつのパターンとしては、医院・クリニック型の薬局を異動して回ることで、自身の得意な分野を広げていく形です。時間はかかりますが、最終的には高いスキル形成をできることになります。

スキルアップできる仕事がある

スキルアップ

薬剤師の仕事には、通常の外来業務以外にも実はいろいろな仕事があります。

下にあげているような仕事は全ての薬局が行なっているわけではありませんが、薬剤師のスキルを大きく向上させることができる仕事ばかりです。

しかし、こうした仕事に触れるためには、「その機会にたまたま恵まれる」もしくは「積極的に取り組んでいる薬局を調べて自ら関わる」の2つしかありません。

  • 在宅業務
  • 施設系業務(特別養護老人ホームなど)
  • 学校薬剤師
  • 介護認定審査員
  • 地域への貢献活動(講演活動、健康系イベントの実施など)

特に在宅業務については、積極的に取り組んでいる薬局が増えてはいるものの、まだまだ実践できていない薬局もたくさんあります。

在宅医療に携わりたいと考える薬剤師もかなり増えてきていますが、本当に在宅に関わることができる薬局かどうかはちゃんと確認しないとわかりません。

現場レベルでの見学実際に行なっている薬剤師と話すような機会をもつことで、初めて現実的な部分が見えてくると思います。

くすりマン
在宅業務には外来とはまた異なる知識や技術が必要となるので、お手本となる先輩薬剤師からのトレーニングやアドバイスを受けられる環境なのかもポイントですね。

学校薬剤師と介護認定審査員については行政から委任されて行うことができる仕事です。
大体は地域薬剤師会のネットワークを通じて、個人の薬剤師にまで話が回ってきます。

すでに担当者が決まっていることがほとんどですので、興味がある方は、そういった薬剤師が働いている薬局に勤務して任期後に交代してもらう方法をおすすめします。

キャリアプランをフォローしてくれる

キャリア

資格取得費用・研修費用の補助はあるか?

これらの資格・研修は、最終的に個人に紐づいて修了資格が与えられます。
すなわち、自己研鑽という側面もあるため、薬局によって取得費用の補助が行なわれる場合とそうでない場合とがあります。

これは考え方によるもので、一概にどちらが良いとか悪いという話ではありませんが、働く側として補助してもらえると資格や研修に対して前向きに取り組めるのでメリットと言えます。

大学院進学

最近では、薬局からでも大学院の社会人博士課程に入学する方がいらっしゃいます。

博士号取得による目に見えるメリットはまだまだ少ないかもしれませんが、薬局薬剤師でも取得できる専門薬剤師制度ができたことや薬局での研究活動のニーズが増えていることが背景にあります。

そこで、キャリアプランの一環として大学院と仕事を両立させた働き方を推奨し、奨学金制度を設けている薬局もあります。

くすりマン
費用面のハードルが下がれば、選択肢に選びやすいですよね。

また、社会人博士の場合は、研究室の担当教員と相談をしながら実際に大学へ行くスケジュールを決めていきます。
薬局側が現場の勤務時間を調整することで、大学院での研究活動が行えるようになっています。

学会参加費用

意欲が高い方は、年間通して数回は学会へ参加することが多いと思います。
学会の参加費・宿泊交通費については、薬局ごとに規定が違うので確認しておくのがおすすめです。

  • 発表者の場合に参加費と宿泊交通費を全額補助する。
  • 年〇回までは、参加費と宿泊交通費を全額補助する。
  • 〇〇名までは、参加費と宿泊交通費を全額補助する。

例えば、このような条件がいくつも考えられます。
発表する場合は、全額補助になるケースは多いと思いますが、発表しない時の費用補助がどうなっているかを具体的に確認できると良いでしょうね。

収入面

給料

給与の上がり方

薬剤師は基本給が高いのはよく知られていますが、その後給与が上がるタイミングとはどうなっているでしょうか。

  1. 年次昇給
  2. 個人資格の取得
  3. 役職の昇進

主には、この3つだと思います。

年次昇給について

具体的な評価の方法とざっくりとした目安額を教えてもらえると、働き始めてから何を頑張っていけばよいかを明確にできます。

くすりマン
収入の変化をイメージしやすくできます!

個人資格について

例えば研修認定薬剤師の場合、これを取得することでかかりつけ薬剤師になることができるようになります。

個人資格の取得は薬局の収益アップに繋がるため、資格保持者に手当をつけているところもありますし、実績に応じて賞与で評価をする場合もあります。

薬剤師は専門職としての職能が上がれば給与に結びついていきます
独自の社内認定制度の取得薬剤師グレードのランクアップで薬剤師手当や基本給が上がるようなパターンが多いので、このあたりはきっちりと確認したいところです。

昇進について

薬局の場合は主任・係長・課長といった一般企業の形ではなく、管理薬剤師・薬局長・エリア長といった職位になっているところがほとんどです。

働き始めてから、薬剤師の勉強を始めると同時に、関連した法律や保険の知識、また薬局運営のルールなども併せて身につけていきます。
まずは管理薬剤師を目指すことになりますが、大体勤務して2〜5年程度で管理薬剤師になることが多いと思います。

年数に幅があるのは、薬局の規模やタイプによって管理薬剤師に求められる業務量や内容に差があるので、比較的小規模で管理しやすい薬局では経験年数が浅めでも管理薬剤師になれることがあります。

ボーナス

ほとんどの薬局は、一般の企業と同様に夏季と冬季に年2回の支給があります。

薬剤師の場合は資格に関連して手当がつきますが、細かい手当がボーナスに反映されるかどうかが重要なポイントといえます。

毎月の給与が高いものの、薬剤師手当等を抜いた場合は実はそれほど高給でないというのがよくある話です。
そのようなケースでは、ボーナスもそれほど多くはありません。しかし、各種手当がボーナスに含まれてくると支給額が相当変わってきます。

くすりマン
実際に、薬局で勤務している友人同士でボーナスの話をしても、薬局ごとで全然内訳が違っていますね。

給与の面をしっかりと考えたい方は多いと思いますので、どういった手当がボーナスに関連するのか、ぜひとも確認しておくのがいいと思います。

まとめ

  1. 有休取得率が高い
  2. 夜診帯の勤務回数が多すぎない
  3. 平均残業時間が10〜20時間程度
  4. 勤務地を限定できる
  5. 研修制度が充実している
  6. 処方内容の幅が広い
  7. スキルアップできる仕事がある
  8. キャリアプランのフォローがある
  9. 昇給・昇進の基準が明確
  10. ボーナスがきっちり用意されている

こういった薬局が、薬剤師にとって働きやすく、薬剤師のスキルアップと共に給与もアップさせていける環境だと思います。

くすりマン
これから薬局探しをされる方が、今回ご紹介したポイントを抑えながら、少しでもよい薬局でお仕事できることを願っています!

代表的な薬剤師の転職サイト

転職

引用:Carrer Theory

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です